買う製品が決まっていたらヘルパーに声をかけよう

買う製品が決まっていたらヘルパーに声をかけよう

買う製品が決まっていたらヘルパーに声をかけよう

家電量販店の店員は、広い知識が求められます。

販売している製品の種類は多く、それぞれ説明できないといけないからです。

しかも冷蔵庫や洗濯機、パソコンなども各メーカー、各製品にも特長があり、それぞれ把握していなくてはいけません。

広い知識はありますが、その分、深い知識まではないこともあります。

逆に、メーカーから派遣されたヘルパーは、全ての製品を把握しているわけではありません。

パソコン売り場ならパソコン限定の、テレビ売り場ならテレビ限定の知識しかないのです。

ただし、その分野に関してなら、深い知識を持っています。

自社製品はもちろん、ライバル社の製品の知識もあります。

他社製品の知識もないと、自社製品も売れないからです。

ですからその分野では、店員よりも深い知識を持つヘルパーも少なくありません。

ヘルパーは派遣会社などから来ている人もいますが、実はそのメーカーの正社員や、実際に開発をしていた人などもいて、通常の販売員ではわからないような知識も備えているのです。

自分にある程度の商品知識があり、その上で聞きたいことがある場合は、店員よりもヘルパーに聞くのがいいでしょう。

ただし、ヘルパーは自社製品を売るために来ています。

他社製品のことを聞いても答えてくれるでしょうが、自社製品の方に誘導されることが多々ありますので、その点は注意が必要です。

ある程度買うものが決まっていれば、そのメーカーのヘルパーに声をかけると、嬉々として応えてくれるでしょう。

買おうか悩んでいれば、その背中を押してくれるはずです。

深い知識、深い質問はヘルパーに聞いてみるのがいいのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional