町の電気屋って何でつぶれないの?

町の電気屋って何でつぶれないの?

町の電気屋って何でつぶれないの?

町中にある電気屋。

商店街には、電気屋が一件ぐらいあります。

最近では量販店が幅を利かせていますが、それでも町の電気屋は潰れずにあります。

中を覗けば、品ぞろえも価格の安さも、量販店には敵いません。

では、どうして商売が成り立っているのでしょうか?

電気屋で買うメリットは、アフターサービスでしょう。

取り付けや設置、運搬などは業者に頼まずに、自分でやってくれます。

また、買ったはいいけど使い方がわからないとき、懇切丁寧に教えてくれます。

販売している製品については、操作なども精通していて、聞けば何でも教えてくれるのです。

さらに、修理もある程度ならメーカーまで頼まなくても、直してくれます。

その頼もしさは販売というよりは、職人のように思えます。

融通が利くのもメリットでしょう。

天井の電球が切れたとき、頼めば電球を持って交換に来てくれます。

商品もその人に合ったものを選んでくれ、店頭になければ取り寄せてくれます。

販売する商品も、基本的には値段よりも品質重視なので、安いものは置いてありません。

裏を返せば、高いけれど良いものばかりなのです。

そのため、故障しにくく、長く使えるものが多いです。

そのように、量販店にはないサービスが町の電気屋にはあります。

自分で選んだり、設置したりするのが辛いような高齢者には、町の電気屋は欠かせないものなのです。

買い物の基準は安さだけではありません。

値段以上のサービスだってあるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional