家電は他店の値段で値切る

家電は他店の値段で値切る

家電は他店の値段で値切る

値段の交渉は、人によっては得手不得手があるでしょう。

普段から値切っている人なら、苦ではないかもしれません。

しかし、していない人には難しいことです。

値切ることというのが、がめつくてやらしいことだと思っている人もいます。

ただ、100円、200円のものならまだしも、数万円もする家電製品。

高いものだからこそ、少しでも値切って安く買いたいもの。

そう思うのは当たり前のことで、値切ることは恥ずかしいことではないのです。

ただ、値切るときに『安くして』だけだと、あまり効果はありません。

うまく言いくるめられて値切ってくれないか、値切ってくれたとしても大した額ではないでしょう。

では、何て言えばいいのでしょうか?

一番いいのは、そこよりも安い近所のライバル店の値段を言って交渉することです。

最近では、都心だけではなく、郊外の量販店でもライバル店が近くにあることが多くなっています。

お店同士の価格競争も激しくなり、隣のお店より安くしようと息巻いているのです。

まずAというお店で自分の欲しい商品の値段を調べます。

それを元にBという近所のライバル店で交渉をします。

そうすれば、Aよりも安い値段を出してくることが多くあります。

それを元にまたAに行き、さらに安くしてもらってからまたBへ……と数回繰り返す強者もいます。

さすがにそこまでは大変でしょうが、1、2回ならやってみる価値はあります。

ちなみに、店舗側も、他店の商品の値段はある程度把握しています。

ですから、嘘をついてもばれてしまいますので、正直に聞いた値段で交渉しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional