ポイントと現金値引きはどちらがお得?

ポイントと現金値引きはどちらがお得?

ポイントと現金値引きはどちらがお得?

量販店ではポイントの付くところが多くあります。

ポイントとは、そのお店で使用できるポイントで、一般的には1ポイント1円で使えます。

10,000円の製品で10%のポイントが付けば、1,000ポイントが次からの買い物で使用できます。

つまり、10,000円の商品も実質的には9,000円になるのです。

お店側としてもまた次回も足を運んでもらえるので、双方が得になります。

商品によってポイントの率が違うので、値段だけではなくポイントも見て判断しましょう。

他のものと比べて値段が高くても、ポイントも考慮すればトータルで安いことだってあるのです。

タイムサービスや特売品も値段を安くするのではなく、ポイントを増やしているものもあります。

値段交渉でも、値引きはできなくてもポイントを増やしてくれる場合もあります。

10,000円の商品なら5%違うだけで500円も変わってくるのですから、結構大きな差になります。

ただし、あくまでもポイントは次に使えるポイントで、10,000円支払っていることに違いはないじゃないか、という人もいるでしょう。

買いたい時にあまり手持ちがなかったり、再び来るようなお店ではない場合は、ポイントよりも現金値引きの方がいいはずです。

お店によってはポイントではなく、現金値引きにこだわるところもあります。

また、ポイント制のお店でも、『ポイントはいらないから値引きしてくれ』と言えばしてくれるところもあります。

『2,000円分のポイントをつけないかわりに1,500円引き』というように、ポイントより実質少し高くなってしまいますが、現金値引きもできるのです。

ポイントを付けて安くするか、実際に支払う額を安くするか、自分に合った方を選べばいいのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional